建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製図用の刷毛(はけ)
2008年 07月 02日 (水) 01:20 | 編集
hake.jpg


エスキースを教えてくれている先生がくれた製図刷毛です。
消しゴムのくずや鉛筆の粉が出たときにサッとひとはき。
図面が真っ黒になるのを事前に予防します。

ただの刷毛ではなく、一流気功士の気をつめてもらいました。
エスキースがとまったとき、判断に迷ったとき製図が進まないとき。

サッサッサッとこれではいていると
自然とアイデアややる気が出てきてプランがまとまります。
「一筆入魂、一級建築士になる、決める前に深呼吸、最後にきめる」
4つのメッセージが入っています。

サイズはとても小さくて平行定規のトレーに収まってしまいます。

このくらいのサイズが僕は使いやすく重宝します
hake2.jpg

スポンサーサイト
コンパス
2008年 06月 21日 (土) 23:25 | 編集
コンパス

こんな安いコンパスでもあるのとないので
印象が違ったりします。そう思って買いました。

半径8mの円が入る広場や枝はり6mの高木など出題されると
やった。ここで使えるとばかりに使用します。

たしか300円くらいだと。

鉛筆はカッターで削れるし、
だめならシャーペンもはさめる。というのを選ぶと
ありゃー芯がないとあわてなくていいかと思いこれを選びました
プランニング
2008年 06月 05日 (木) 13:22 | 編集

一級建築士の製図試験において、 私の場合、エスキスの最後の部分
大まかなゾーニングとコア入れチェック完了した段階から
一気に細かく部屋を割っていく練習にトレペとフェルトペンを使ってます。
資格学校や通信講座の解答例はとてもよく検討してあり安心です
それを1/200でA4サイズにコピーとります
この束を常に持ち歩き隙があればトレペを重ねてひたすらフェルトペンで写します。

意識して覚えることではありません
無意識に覚えてしまうことめざしてます。

本番のエスキスの終盤戦に
このプランニングの倉庫から一気にプランを放出します。

今一ヶ月位続けています。

前半戦ではあまりかわりませんが、後半延びだしました。

188

このトレーシングペーパーくらいがちょうどよいです。

下の図面が程よく透けて見えます。

まったくみえないとトレースできないです。

ある程度見えるので写していない細かい部分もいつの間にか頭にはいって

次回の製図のときに役に立ちはじめます

189191190

フェルトペンはあまり細かい線が引けないものの方がかえっていいです。

こんなに太いと壁と開口しかトレースできないけど

それくらいのスピードでずばずば写すのがベストです


192

トレースした図面。

これで2分くらいでしょうか

どんどんうつしましょう。



CLIC ERASER FOR PRO
2008年 04月 01日 (火) 00:33 | 編集
カッターナイフのようにカチカチと音を立てて出し入れする消しゴムです。
消しゴムは全部出した状態で取り替えることが出来ます。
替えの消しゴムはいくつか種類があり、これに高性能な消しゴムをつけると最高にいいです。
値段は消しゴムにしては高いですが、試験に臨む背水の陣において
備えは出来るだけ充実したいもの。数百円をケチるより資格とって給料上げよう。
少し広い範囲を消すときは長手に垂直に動かして消す
狭い範囲や細かいところを消したいときは、長手に平行に動かしてピンポイントで消せます。

これを使うようになってから字消し板でしか消せなかった狭いところを
ちょいと消すことができて、スピードアップです。

シャープペンシルとセットで胸のポケットに入れて持ち歩き、
通勤中や、コーヒーショップなどどこでも勉強するのに使っています。
かなり重宝する消しゴムです。

消しゴム Image149.jpg Image148.jpg
GRAPH1000 FOR PRO 0.4と0.5
2008年 03月 31日 (月) 01:45 | 編集
白いほうが0.5 緑が0.4です。

先端のシャフト(金属の部分)が長めで厚みのある定規でも問題ありません。
グリップのところは細長い形状でゴムが付いていて指になじみます。
グリップがシンプル円筒形なので回転させながら定規に沿って
動かしてもスムーズに滑っていきます。

これを使ってシャープな線をシュンシュン引くと
だんだんいい気分になっていきます。
マニアックにはまれます。

一本1000円と高すぎないけど安くはない値段です。
が値段以上の価値はあると思います。
グラフ1000
Image151.jpg Image152.jpg

ぺんてる製
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。