建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実現のイメージ
2008年 04月 30日 (水) 13:55 | 編集
「合格するから来年1月に○○する。」この事を、
朝から晩まで考えながら
毎日学科の勉強やエスキース練習し生活していると、
試験時間終了時の自分の解答用紙やその後の○○している私
などがぼんやりと見える(想像ですが)ようになって
それが、続けているともっとはっきり想像できるようになって
そうするとその状況を作るには、何をどの時点で
どのようにすればよいのかが細かくわかってくる。
そういうことを考えています。

見えるについて書くと

きっと誰でも少しづつ見えるように
なるのだと思います。

学科の試験の解く順番
例えば、エスキースステップが時間内に
バチッとまとまるイメージをみていると、
そのイメージと現在の自分のイメージが異なっている
部分に気がついてきて、プランニングに時間かかっているから
そこが15分でまとまるように管理部門やエントランス
吹き抜け回りなどパーツ集を練習する
他にもいろいろ改善していくと最終的に
イメージしていた同じエスキースが試験日に
できるようになっている。


ともにがんばりましょう。
スポンサーサイト
厳選問題集500
2008年 04月 09日 (水) 01:43 | 編集
mo1.jpg  mo2.jpg mo3.jpg
500


問題集は解答と完全に別冊になっているので、
机等で落ち着いて勉強出来る環境がある時は、
問題と解答両方同時に広げる事ができます。
また、通勤バスの中などスペースがない時は、
間違えた問題の、解説にマーキングしておいて、
解答だけ膝の上の鞄の上に広げて読むことも出来ます。
そして一級建築士レベルだと、中には解説がいくつも間違っている
問題集を目にしたのですが、大手資格学校の監修なのでほかより信頼できます。
解説の量が多いのも良いところです。
学科は問題集を一冊きちんとこなせば学校に行かなくても十分通ります。
でもきちんとこなさないといけません。

ほんと努力です。

この問題集のH19年度版を4回解きました。
解いた回数をチェックする欄が取ってあります。(真ん中の写真)
ここに日付と正誤を入れます。

2回といても同じところを間違える自分に腹が立ち、
解答解説集の間違えた問題の所をノートにすべて写しました。
それを通勤中に読んで、朝立ち寄ったカフェで再度解きなおして。
帰りのバスの中でまた読みました。3回目は8割解けるようになりました
4回目は問題を見ただけですべて解説が頭に浮かびました。

朝通勤で30分 昼休み30分 帰りのバスで30分
家に帰って1.5時間 一日に3時間コンスタントに勉強すると大概受かるみたいです。

コノ問題集はかなりお勧めです。
CLIC ERASER FOR PRO
2008年 04月 01日 (火) 00:33 | 編集
カッターナイフのようにカチカチと音を立てて出し入れする消しゴムです。
消しゴムは全部出した状態で取り替えることが出来ます。
替えの消しゴムはいくつか種類があり、これに高性能な消しゴムをつけると最高にいいです。
値段は消しゴムにしては高いですが、試験に臨む背水の陣において
備えは出来るだけ充実したいもの。数百円をケチるより資格とって給料上げよう。
少し広い範囲を消すときは長手に垂直に動かして消す
狭い範囲や細かいところを消したいときは、長手に平行に動かしてピンポイントで消せます。

これを使うようになってから字消し板でしか消せなかった狭いところを
ちょいと消すことができて、スピードアップです。

シャープペンシルとセットで胸のポケットに入れて持ち歩き、
通勤中や、コーヒーショップなどどこでも勉強するのに使っています。
かなり重宝する消しゴムです。

消しゴム Image149.jpg Image148.jpg
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。