建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィットネスクラブとビジネスホテルのある複合施設の見学
2008年 07月 27日 (日) 23:50 | 編集
「ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設 」という課題の発表を受けて、
福岡の天神にあるホテルとフィットネスクラブが入った複合施設を探していて見つけました。

このビルは天神の警固公園の隣にあります。

大きく分けると以下の4つの機能が複合しています

ソラリアホテル 
ソラリアスポーツ(フィットネスクラブプール付) 
ソラリアプラザ(真ん中に大きな吹き抜けのあるショッピングモール) 
ソラリアシネマ(映画館)

がそのほかに、
ティファニーの店舗や レストラン
FMラジオスタジオ 
があり

中層部と1階で隣にある駅とバスターミナルとデパートの複合ビルとつながっています。
また地下では天神地下街という地下街と連絡通路でつながっています。

この複合の仕方はすこし課題のテーマとかけ離れています
またビジネスホテルなのかシティーホテルなのかはっきりしませんが
どちらかというとシティーホテルのほうなのかなぁ・・・と悩みます。
複合の仕方は1階では連絡しているもののそれ以上の階では非常通路のみ
で連絡しているようです。経営母体は西鉄だと思います。
大きな交通会社でどちらも元は一緒なのだとお思います。


1階平面図
(すいません恐ろしく適当です。測ったりできなかったので
頭に残ったイメージで帰ってきて適当に書きました。)
ソラリア1F平面


フィットネスクラブの平面図
中央部現在地と書いてある部分にエレベータホールとフロントがあります
さすがに写真は取れませんでしたが中は一通りお金を払って見学してきました。
フロントで初めてのお客様はお申し込みをされてお金を払った後
左下のほうにあるメンバーロッカー室に案内されます。
ここでプールで泳ぎたい方はロッカー室の中をおくまで進み
化粧室、サウナ、シャワー室、トイレ、それぞれの部屋を使用して
プールの右下のほうからプール室に入室します。
プールは25mと
歩行者用プール
ジャグジー(つかるだけのプール)と
ダイビングの練習用に深さ3mくらいありそうなプールがありました。
泳ぎ終わればさっきとは逆に動線をたどりフロントでカードを返してEVから帰ります

フィットネスジムやスタジオを使いたいときは更衣室入り口から着替えて出て行き
諸室を利用します。
スタジオアネックスは別なビルに設けられたスタジオで空中通路で連絡していて
一体的に利用しています。
おそらくフロントの裏に管理事務室があるのではないでしょうか。
あとは左下の角にホテル部門のコアと一部が入っているように思います。
そのほかの階段は周囲がどうなっているのかよくわかりません。

あと上のほうにもう一そろいの更衣室関係が見えます。
これは特別な団体が一般とは別に使用しているみたいでした。
教職員関係のようでしたがよくわかりませんでした。
スタジオ1などは無窓の居室のようにみえます。試験では使わないほうがいいとおもます。
それとも用途上許されるのでしょうか・・・
サービス動線は考えてもどうしても一般利用動線とは交差するように思います。
フィットネスだとあまり大きなサービス動線は必要ないということかもしれませんね。


フィットネス平面


断面の複合イメージ(案内板からトレース)
ソラリア断面構成


メインの大通りに面する北面アプローチ
北面アプローチ


公園側である南側のアプローチ
南アプローチ

公園側である南側のファサード
宿泊室は南側公園の方に向けられている。
この公園は冬にはイルミネーションのお祭りがあり普段は腰掛けてくつろぐ人が夜遅くまでいます。
一階にあるFMラジオのスタジオからの放送が聞こえるように流されていて
それを聞いている人もたくさんいます。
有名アーティストがくると人だかりになります。
南面ファサード


地下駐車場への入り口
サービス搬入もこちらから行われると思われる。
パーキング入り口


公園と建物の間にある遊歩道の入り口。
駅ビルまで続く。
遊歩道入り口

低層部分外観
一般低層部

高層部分外観
宿泊室高層部


ホテルのメインアプローチ
ホテルアプローチ


プラザ案内板1
プラザ案内板


プラザ案内板2
プラザ案内板2


断面を切った案内図1
駅とバスターミナルのあるビルに中層階で連絡している
断面イメージ


断面を切った案内図2
断面イメージ2


上空から見ると東側のビルと引っ付いているのがよくわかる
公園側の様子もよく見えます。
南側上空より


ソラリアプラザの吹き抜けの下にある広場。
年中ここではイベントがあっています
ゼファー広場


トップライトをエレベータから撮った写真。
吹き抜けの上部にトップライトがあります
EVから見たトップライト
スポンサーサイト
製図課題分析(追加資料)
2008年 07月 27日 (日) 09:40 | 編集
「ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設 」

とうとう今年の課題が発表されました
私は今年の前半戦に取り組んだ課題の中から基準階型の課題を
選んで一週間ほどやりこもうと思います。
そんなに量は多くありません。

今なぜフィットネスクラブ付きの非公共建築物?なのか


最近某シリーズもののビジネスホテルの図面ばかり
仕事で見ているもので、そこにどうしてもイメージがいってしまいます。

そのビジネスホテルは必ず一階にはレストランと大浴場があります。
上の階から客室をめいっぱい詰め込んであります。

課題のポイントの予想ですが。

★1つ目のポイント

フィットネスクラブが複合されるとなると、動線が複雑になる事。

フィットネスクラブは更衣室で着替えて,(ジムなりプールなり)運動です。

表の動線だけでも、受付後着替える人と、見るだけの人にわかれるという事。
そしてもうひとつ管理動線が必要です。フィットネスクラブだけで3動線。
その整理が一つのポイントだと思います。
その3動線をどう指定されても解けるようにしておくこと。

★2つ目のポイント
その上でですが、1~2階に大空間がきてそれに乗せるのか
よけるか分からないけど、基準階が重なる。

大空間はプールやアトリウムや、柱付きだとやっぱり
レストランか。その他のテナント。ジムのトレーニングスペースだったり。

そこで問題になるのがやっぱりコアの位置と1~2階の動線。

基準階(宿泊室)を南に向けなさい!とか
向けたくない高いビルが並んでいて否応なく宿泊室を
ある方向を向けさせられた時、コアの位置はそれだけでもう動かすことができない。
宿泊室の位置でしばられたらその時点で宿泊用コアは最強メンバーとなります。


1から2階の大空間、吹き抜けははその制約の中で決めるしかない。
二つのコアをひとつはメインエントランスから近い所、
もうひとつは管理部門内に落として先ほどの
フィットネスクラブの複雑な動線を収める。
宿泊コアがいやなとこに落ちてきたときの大空間と吹き抜けと3動線及びウエット、ドライ。。。。
ここがが争点でしょうか・・・

基準階がどうなれば1~2階の大空間がどこに来るのか?
裏動線をどう収めるのか?そこがまず学習するポイントだと思います。


関連ページをいくつかリンクします。

ビジネスホテルとフィットネスクラブの複合施設の写真をアップしているページ
http://ocha.beblog.jp/photos/hotelandfitness/index.html

各社の予想
http://www.kentikusi.com/1-k/2008kadai/2008_kadai.htm
http://www.shikaku.co.jp/1k_info/topics/0807_kadai.html
http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/architect/
1k_kaisoku_2008/measures/announce.aspx

http://www.gakkaseizu.com//000046.php

参考図書を載せているページ
http://www.ksknet.co.jp/book/info_1kadaibook2008.asp

宣言する
2008年 07月 11日 (金) 23:08 | 編集
会社の上司、ライバル、先輩、自分が苦手な相手。
あまり精神的に近くない相手がいいです。

勇気を出して断言しましょう。

私、僕は
今年建築士になります。


親しい間すぎると、馴れ合いがあって効果がうすれます

また落ちたらフランス料理のフルコースおごってもいいよ。

なんていうのもいいです。

自信や確信なんてなくてもいいのです

それでも自信満々に見えるように、
笑顔で言い切ります。

すでに合格したつもりになって宣言する事に意味があります。

潜在意識に染み込ませるのです。
潜在意識はそれが現実なのか希望なのか区別しません。
ただ宣言したり思い描くたびに、建築士になるという状況が刷り込まれます。

すると意識より強力な潜在意識が走り出します

知らない間に実現にむけたいろいろなアイデアが浮かんできます
そして実現に向けて
試験日に必ず休む方法
2008年 07月 10日 (木) 13:50 | 編集
自分もなかなか休みたい時に休むのは苦手なのですが
そこはアピール作戦なんかどうでしょうか。


受験勉強はやっぱり本人の為なのですが、勉強しながらアピールもできます。

昼休み簡単な軽食を準備しといてご飯を食べる時間を短縮し職場で勉強するのです。
3か月も続けたころ職場では何をやっているのか話さなくてもみんな知ってる状態に。

そこでひと月前になったらすかさず言うのです。
すいません。試験の日どうしても休みたいのです。悲痛な面持ちで。

この方法で無理と言われた人もいるんですが、
その方は申込を受験する気満々でネットで行いました。

カレンダーを職場のみやすい場所に飾ります。
そして少し離れても見えるように目立つ文字で「試験」と書き込みます。
無言でこの日は試験を受ける予定だと文字でアピールしました。

直前まで再度言い出す機会をねらいつつ、3日前に仕事を区切りかかる時間を計算します
ここまでしたらすいませんが休みをください。必ず終わらせます。と上司に宣言します。

さらに仕事を積み上げようとする上司がいれば、最終覚悟で最後は
受けられなかったらやめます。という覚悟をもつ。
そんなに忙しい職場では今後うまくいく見込みもあまりないかもしれないと見切る気持ちで。

でも不思議なものでそこまで覚悟するともはや誰にも止められないようです。
そのセリフは使うことなく、彼女はさっそうと試験会場に現れました。

結果は駄目でしたが、ぼくとおなじく今年角番です。

とにかく僕もうからなかきゃ・・・
小さなノート
2008年 07月 05日 (土) 01:16 | 編集


持ち歩くのに便利なノートは
僕にとってとても重宝します。
すこし硬い表紙がついていて
バスに乗ったときにひざの上に開くと
周りのことをすっかり忘れて、
バスが移動式の書斎にはや代わり。
胸のポケットからシャープペンシルを出して
朝も夜も昼休みもエスキースをはじめます。
製図用の刷毛(はけ)
2008年 07月 02日 (水) 01:20 | 編集
hake.jpg


エスキースを教えてくれている先生がくれた製図刷毛です。
消しゴムのくずや鉛筆の粉が出たときにサッとひとはき。
図面が真っ黒になるのを事前に予防します。

ただの刷毛ではなく、一流気功士の気をつめてもらいました。
エスキースがとまったとき、判断に迷ったとき製図が進まないとき。

サッサッサッとこれではいていると
自然とアイデアややる気が出てきてプランがまとまります。
「一筆入魂、一級建築士になる、決める前に深呼吸、最後にきめる」
4つのメッセージが入っています。

サイズはとても小さくて平行定規のトレーに収まってしまいます。

このくらいのサイズが僕は使いやすく重宝します
hake2.jpg

copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。