建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建築士受験 お気楽サイト
2008年 10月 29日 (水) 12:32 | 編集
おすすめのホームページの紹介です。
ここのページは再現図をアップすると
先生がコメントをつけてくれるみたいで
いろんな再現図がアップされていて
とてもいいなーとかんじました。

http://kentikusi.cside.com/index.html

スポンサーサイト
H20年の設計製図本試験の時系列記録
2008年 10月 17日 (金) 00:05 | 編集
9月頃から資格学校の課題で部屋名を間違えて部屋欠落で失格という
ミスを何度もおかしていたので、直前のトレース練習に二つの事を追加した。
一つは必ずトレースは1センチコマエスキースから面積をチェックしながら行う。
多少の間仕切りの移動やプラン作業込みの作図作業になる。
もう一つは部屋名と面積と動線を書いた関係図から部屋名を正確に文字入れ時に写し取ること。
写取るとき絶対にミスしない事を意識した。
間違えないように写すのはすこし慎重に部屋名をみて入れるだけで、時間的にはあまり変わりない。そこにその部屋の面積計算も追加チェックし、動線や家具もチェックし、
結局は作図しながら何度もチェックするようなスタイルになった。

10月11日 23:00に眠りについた。
第2土曜なので休みを取りガムテープ、ガム、パン、ビスケット、砂消しゴムを
購入した。それから1階平面図をトレースした。そしてマッサージに行き、肩凝り
をほぐした。肩凝りがひどいと頭痛からエスキースまで出来なくなることがあっ
たため。それから今までやった課題を縦に見る作業を続けた。各課題をノートに
ゾーニングごとにまとめ悩んだこと失敗を列記。解決策を書く事を今週やってい
た。
10月12日 当日を迎える
7:00朝起きた。
8:00食事完了一階平面図トレース開始
8:40トレース完了、持ち物確認、準備
9:00出発

会場の大学には二時間前についた
会場が開くまで入口まえに座り込み直前資料に目を通す。
それから会場が開き平行定規をセッティング後、まとめた課題ノートの各課題で悩んだこと、問題点と解決策のみを流し読みした。試験開始までに、すべての課題を読み終わった。

11:15
説明が始まり問題文や用紙が配られる。私の列は1番最後の配布だったので不公平さを感じながら隣の列の人の裏返した課題文と顔付きを伺った。ニヤニヤしてる。
何かあるなと咄嗟に思う。自分も問題と用紙をもらい即座に解答用紙を製図版にマスキングテープで貼付けた。
透かしてみるとペディストリァンデッキが見えた。でた!とおもった
これで難しさを一つクリアーしたと思ったのだ。・・・・でも今回の課題はあとから思えばそれでも簡単には解けないようにいろいろ落とし穴があったと思う。

11:30 試験開始
5つのポイントから建物を把握しようとした
集まった情報は主条件からはペディストリアンデッキから一階歩道までを常時エ
ントランスホールで繋ぐことがわかった。エレベーター5台、部門は三つ、管理は
控室的な物が各部門にあるけどどれがメインの管理なのかわからなかった。
次に基準階をかるくあたった。I型や中廊下では二つ割では納まらない事がわか
った。ツインコリドーは簡単にできたので安心した。もうすこし三ッ割宿泊室に
ついて勉強しておけばよかった。と今は思う。あとにツインコリドーは使い物に
ならない事に気がつくがこの時はまだツインコリドーを有力候補として検討していた。
その後大空間に軽く当たりをつける。
プール350平米で40平米系か50平米系かわからないと思う。ただ基準階は50平米が
納めやすいと思った。ここでもう少しつっこんで配置まで考えればツインコリドーが入らないことはわかっていたが、このときはまだ気がつかなかった。

12:00(30分経過)
面積は6000平米以下となっている、
面積に地下を含まないと書いていない。
ここは引っ掛けだと思った。こんな単純なひっかけで一発失格あるのだろうか
いちおう延べ面積の上限を5700で設定(地階を除いた)
課題文の左側を読み終わり所用室を関係図にし始めた。

12:30~(1時間経過~)
関係図を描き終わり、積み上げ図を描いた。エレベーターとボリュームを入れて書いた。


積み上げ図

最初はプールとロッカールームを二階にして書いた。コーヒーショップ二階とし
て。2階合計840平米、1階合計700平米でボリューム的に悪くない。
この案だと1階で受付した利用者が2階で着替えて、また1階に下りてフィットネスをすることになり、動線がおかしい。と思った。
次にプール1階案。これはフィットネスクラブの受付を1階ですませて、1階で着
替えて、プールで泳ぎたい人は1階、エアロビ機械体操をしたい人は2階にいく。
こちらのほうが動線がきれいだ。プール屋根(または吹抜け)込みで
2階940で1階950で二階がキツキツ。

12:45
ここで基準階が納まらないのに気がつく。
基準階をプールを除きL型にすることを考えつく
プールの位置とあわせていくつか検討。L型の外面を西と南に向ければきれいに周辺建物の否定的環境をクリアーできる。L型の中にプールはきれいに納まることもわかった。こう考えたときにどちらかというと1階プールでもいいかなと思い込んだのかもしれない。

13:00(1.5時間経過~)
基準階L型仮決定。最終的にL型にするがゾーニングやプランニングが難しくなる
。今考えれば一つのポイントがここにある。さらにプール二階案で捨てプランし
てみた。
奇妙なスカスカ感!なにか大きな間違いをしてる感じがした。
そういえばプールを一階にするとボリュームでは入らないように見えるが実際に動線を優先しプールを一階にすると納まる課題があったのを思い出した。大空間が多いとき廊下率はあまり意味を持たない。そのときに動線はボリュームより優先する。という言葉をおもいだす
13:30(開始2時間~)
プール一階案で捨てプラン。一階は納まるけど二階が厳しい。
このあたりからもうそろそろまとめなければという思いが少しずつあせりに変わりだした。
今思えば僕は2時間でトレースならできるようになっていた。
そんなにあせる必要もなかった。パニック状態の中で1階、2階、基準階を3パターンも考えていた。
14:00(2.5時間経過)
2階がやはり納まらなくてパニックになる。焦れば焦るほどまとまらなくなる。
この状態でプールを2階に戻すこと自体ものすごく危険だと思った。
すぐにでも作図にかからなければ間に合わなくなるような時間だと思う。
しかしまだコアの位置も移動しないと2階は収まらないだろう。。。。
2階のプランニングを残しまだコアの動く状態で、パニックになりながら作図を開始した。
14:30(3時間経過)
基準線、柱、外壁、寸法線と設計主旨(とりあえず思いつく言葉で埋めた。)と面積表が完成する。そこから2階のプランニングを提出図面の上で始めた。
一つずつ面積と動線をみながら部屋を切っていく。こんな状態の中で、2階を収めるために東側の端にあったサービスコアを動かすことで200平米のトレーニングルームを2階の端から納めることに成功した。後から考えれば、このサービスコアの移動をもう少し考えてしなければならなかった。ホテル部門のサービスEVの設置位置が2階でフィットネス部門に食い込んでいる。(設置部門違反の原因)

15:00(3.5時間経過)
階段をすべて書き終えて、間仕切りに入っていく。
エントランスホールのエレベーターが入らないことに気がつき、エントランスホール横の外壁を1階のみ1部広げた。面積表を修正する。
16:00(4.5時間経過)
あらかたの間仕切り系が書き終わった。そのまま部屋名を注意深く文字入れに移った。文字を入れながら、関係図に一緒に書き込んでおいた面積とファーニチャーを一つ一つ回った。
駐車場はこの時収まらないことに気がつき、外壁を動かしてピロティー駐車場を作った。
まずかったのはロータリー側の歩道が8mもあるのにこの時こちら側に駐車場入り口をとったのも後で考えるとまずかったけど、ここしかこのタイミングで取れる場所がなかった。
とにかくすべてがエスキースのしわ寄せをくってごてごて、仕方なく。
エスカレーターもこの時、エントランスホースに入らないことに気がついた。
そしてまた外壁を動かして収める。(この時面積表の変更修正を忘れた。)
ゆとりがあれば気がつくことも、焦燥感で気がつかなくなっている。
さらに基準階の客室のレイアウトや、時間があればできるプチ減点をつぶしまわった。
PS、ドライエリア、地階表示忘れ物をしないように図面の端メモした項目。

17:00(5.5時間)
試験終了
そのまま家族に車で職場へ送ってもらい、たまった仕事をこなした。
感想ですが、この試験は自分にとっては本当に根性を試されている試験だと思いました。さらに、いざというときにあせらず冷静にできるか?これが最後は大切です。
そのために日ごろからあせらないように練習もするし、冷静さを保つ訓練も必要だと思った。

結局今のところEVの設置部門違反や、EV下に居室、3mの型持ち廊下があり
失格するだろうと思われる。
私の明日
2008年 10月 11日 (土) 13:40 | 編集
実際どうなるかわかりませんが、私の先生が書いているメールマガジンに
皆さん当日のドキュメントを書くことで当日をイメージしましょう。
という記事があり自分も今からつくってみます。


「私の当日ドキュメントイメージ」

当日はいつもより少し遅め7:00に子供たちに起こされた。
朝ごはんパンにマーガリンを塗ったものとご飯を食べた

いつも一階平面図を書いて製図練習していたので
当日も出かける前に一階平面図を書く。8:00くらいから40分
文字入れの時部屋名を間違えてしまい何度も添削で失格を
くらっていたので、今朝の練習では特に念入りにチェック。
ついで最終忘れ物チェック。10分
前日に作ったリストで前日につめたかばんと製図版をチェック

9:00 家をでて車で送ってもらう。

10:00 会場について家族と別れた。

10:30 目的の建物を大学の中でやっと見つけた

10:45 
机を確認して平行定規をガムテープでバリバリと貼り付けた。
前の人もずれて座ってくれた。ラッキー。

11:00 いくつか直前資料に目を通すけれど飽きてしまう。
今までといてきた課題のポイントに目を通す。
2階に大空間がくると基準階の位置に注意
プールはほぼ一階ではないか・・・

11:15 試験監督が部屋に入ってきて、注意事項など説明を始める。
用紙などが配られだす。敷地がちらっと見えた。2面道路だ。。。

11:30 試験開始。
エスキース用紙を半分におって平行定規の左に課題文
右にエスキース用紙。
いきなり解答用紙に受験番号と名前を書き込んで
執拗にチェック。こんなとこで落とすのはもったいない・・・

11:32
解答用紙を見上げて図面の並びなど確認。
え?なんだこれは?以外なことに気がつく。。。先にみといてよかった

    要求図面等を読んで断面カット位置を調べておく。
    特に目立ったことはない。トレーニングルームカット

11:32 

先生が言われていた始まって5分で抑えるべき5つのポイント
をおさえなければ。
BとFの関係。もちつもたれつ・・・じゃなくて・・・・
主条件は・・・・なるほど・・・・
BとFの2部門あとは機械室。
出入口はBにひとつ
Fにひとつ。

EVは3台適宜
基準階各階に
15平米15室
20平米4室
リネン20平米
自販機コーナー適宜 
6スパンのI型説が濃厚みたいだ・・・まだわからん。
とりあえずI型のみ書いておこう。だめならツインコリドーで。。。。

あと自分流だけどここで大空間を軽くチェック。
え?300平米2つプールとトレーニングルーム・・・
なるほど。。。この基準階と300平米二つ
は7+7m×6スパンの基準階とそれ以外の部分に
大空間が2階1階にくるパターンでは・・・・

まだ決め付けてはしっちゃいかんとあれだけ、言われてるもんな。。。
うんうん。飛び込んだわけではない。
まずはあたりをつけただけ。面積や動線なんかもチェックして
しばらく考えてそれでもOKならすすむけど

おちついて
所要室を読もう。
自分はまず関係図で所要室を整理。
関係図はなんどもチェックする。
それから動線図を描く。お団子三つレベルの動線図。
最初の検討からあまり離れていない。
適当に捨てながら部屋をぶち込んでいく。
ほんとプランも減った暮れもなく
つぎつぎ投げ込んだ。その結果
一階にはどのくらい入らないかわかった。

12:40
簡単に面積を当たりなおす。
そうかやはり見当違いだった。
2階と1階で面積を調節する。

13:00
細かい所要室を調整していく。
2階に多少手間取って3案目を採用。

13:20
部屋を一通り収めチェックしていく。
ありゃ、浴室は更衣室から入れるように。。。
大幅に入れ替えて13:30から再チェック

いくつか苦し紛れに便所を入れた。
13:40
チェック完了。面積表と計画の要点をあらで下書き

13:45
製図にうつる覚悟を決めた。
少し離れて見つめる。

16:30
とにかく何度もミスは書き直し
汚いけれど、条件は満たす最小限作図は出来上がった。
ひたすら書き込みをしていく。減点にのあるものから。
更衣室の内部レイアウト、ごみ置き場
駐車場の台数や部門わけ
所要室の名前ミスを今度は課題文でチェック

17:00
終了

この日は仕事がまだ残っているのでそのまま会社へ向かった。
簡単にエスキースでイメージを1/400で起こしなおす。
明日は再現図を書いてみよう。大筋でOKみたいだ。
気分よく仕事できそうだ。








最後の講義
2008年 10月 05日 (日) 21:35 | 編集
最後の講義が終わりました
後は試験だけです
今までの勉強をまとめます

復習した後に情報を整理し使える形に変えること
大枠の整えかた
合格エスキース
2008年 10月 03日 (金) 23:12 | 編集
誰もが思います。自分もです。
課題を解くときにいつでも必ずエスキースが一時間半くらいでまとまって
見直しまで含めて2時間で完璧なエスキースができたら・・・・

そう、そうすればあとは間違いなく作図するだけで、

合格します。

ではどうしたら必ずエスキースがまとまるのだろうか。

その答えは誰にも共通ではありません。
でも誰にでもできるようになるはずです。
やっていることはルールに従って部屋を入れていくだけ。
僕のエスキースの師匠はいつも言っています。

課題文のとおりに絵を描けば合格します

それができれば悩まない・・・・といつもこの言葉をきいて思っていました。

昨年の10月。忘れもしない。自分はどうして受からなかったかも
半年間わかりませんでした。

なぜだめだったのか?わかりかけてきたのは4月。
さらに半年たってどうしてわからなかったのか?と
ずっと考えていました。

わかろうとしていなかった。これが今の結論です。

条件をすべて読んで、部屋を入れ込む。
自分がエスキースできない理由はたくさんありました。
今もまだ残っています。
あと9日間ですべてつぶさないといけません。

まず、読みおとしがありました。
読んでいるつもりで読んでいない部分がたくさんあったのです。
対策は課題文のとおりに絵を描くことにしました
課題文を図化するってやつです、
絵にして時間もかかるしなにがいいのか?と思っていました。
でも違うのです。
まず絵にするにはきちんと読まないと絵にできないのです。
そして絵にして本当に間違いないか、動線をつなぎながら見直します。
いつのまにか二回読むのです。
そして絵を見ながら部屋を組み立てていきます。
文章を図面にするより、絵を図面にするほうが
私の頭では、早く組み立てられるみたいです。。
そして、この絵を見ながらチェックするんです。
エスキースを。これがまた絵を見ながら図面をチェックするほうが断然早いです。
絵に黄色をつけながら部屋の関係を次々チェック。
約15分で絵がすべて黄色になります。
最後に作図しながら赤いろに染めていきます。
最後は課題文を読みながら最終チェック。
絵だけ間違えないように最初に20分で書く練習。
これが読みおとしをなくすための対策でした。

次の問題は細かい部屋割りを書いていると何度もすべて消して書き直さないといけなる事
ひとつの原因は大まかなゾーンを決めたときに
うまくいかないゾーニングをしていることみたいです。
大きなゾーンのみのお団子をゾーンの数だけかいて
先ほどの絵をみながらゾーンを越える動線だけを押さえた絵を描きます。
その絵に面積を入れてボリュームを与えます。
さらに1階と2階を書きます。
3つの団子を何度も書き直します。
1階と2階と基準階が収まるように
面積が収まるように。
もちろん動線もつないだままで
アプローチを気にしながら。
この団子の検討が足りていなかった。これが今の対策です。

次の問題はスパンを間違える。
6mで基準階をスパン割しているのに、
一階を必死に7mでスパン割りエスキースしていて、最後に気がつくだめパターン。
これも僕の傾向みたいで、特に基準階が1、2階より小さいときに
とても起こりやすい。
ひとつはスパンをコマを書くときに必ず書くようにする。
そして基準階が小さいときは特に間違えやすいので数回チェックする。

それで気がついたのです。こんな風に昨年は自分の間違えを
細かく分析していませんでした。
分析をせずにひたすら課題をといて、解けないのはなれていないからだ。
まだとかなければいけないと思い込んでいました。
今年はもうすこしスタンスを変えました。
自分の間違えを真摯に見つめ、
たとえ学校の宿題をすっぽかしても、
自分の課題(問題点を解決策を練ってつぶす事)を優先しました。

昨年はわかろうとしていなかった。
これが今の結論だといった理由がそこにあります。
問題点を真摯に見つめて、
どうしたら、二度とそれをおこさないのか?を考える。
アイデアができたら試しながら、だめなら別な方法を考える。
わかるまで考え続ける。
こうやって一つ一つの問題を分析して、解決策を考え、
一つ一つつぶしていく。

そういう能力をこの試験は僕に問いかけているのかもしれません。
だめなら来年また来てね。
この一年はものすごく長く感じます
今年の初めからくろがねコースという通信添削で、エスキースとはなんぞや。。。。
と毎日問いかけました。

課題が発表されてから、課題を解くたびに、
自分の間違いやうまくいかないことを記録しました。
記録の横に毎日通勤時間に一つ一つ書いていきました。
こうしたらいいのではないだろうか?
だめだったけどあの人のやっているあれを試してみよう。
まただめだ。先生に聞いてみよう。
友達と話してみよう。

そのノートが7月半ばから1冊まるまる書きました。
いまから復習しながら、一つ一つ解決していきます。

先生が言われていた話。

問題点を発見して整理し
解決策を検討して試行錯誤し
問題を解決していく。
これを建築するという。

これがたいせつなのだなぁ、、、、と思います。

何度もトライ            絵にする

何度もトライ  絵にする

あと一週間。
僕はエスキースがうまく納まるルールを探します。
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。