建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別空調方式(ビルマルチ方式)
2008年 08月 04日 (月) 00:51 | 編集
別名「小型空気熱源ヒートポンプパッケージ方式」
これは使えそうな空調方式なので探してみました。
個別制御可能な空調システム。
最近の主流です

室内ユニット(天井つり方)
このほかに天井埋め込み型や床置き型などがあります。
ビルマルチ方式室内ユニット


室内機からでている配管
壁をつたい廊下で天井裏に入ります。
冷媒管と排水管がはいっているのを以前見たことがあります。
室内配管(冷媒と排水管)

室外機
屋上などにつけてあります。意外と小さいですね。
室外機のサイズは奥行きは0.5mくらいかな?
高さは1.5mくらいありそう・・・幅1.3mくらいかな・・・

ビルマルチ室外機

配管はこうやって室内に入ります
屋外配管
Comment
この記事へのコメント
設備関係は学科の時からの苦手分野。。。
先日もPSが少なすぎると図面をダメだしされました^^;
なのでとても参考になります。
2008/ 08/ 11 (月) 12: 58: 52 | URL | sakurai # -[ 編集 ]
こんばんわ
自分も結局資格学校で
落ちこぼれでとおっています
悔しいのでかならず合格します
空調もにがてなので自分の会社の
ビルを調べてみました。
ちょっとは親近感が沸きますよ
しらべてみると
2008/ 08/ 13 (水) 23: 38: 36 | URL | taro # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。