建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作図練習
2008年 08月 15日 (金) 23:39 | 編集
お盆はほとんど作図の練習してました

それできがついたんですが、
やはり作図の練習は同じ図面を何回もかかないとダメですね。

新しい課題や毎回違う課題の解答例をトレースしても、どれだけ
早くなったのか比較できないからダメでした。

図面を1回トレースしてトレースの手順を5つくらいのパートに
わけてそれで時間を計りながらトレースしました。

それから解答例を使うのではなく、エスキース400分の1を使いました。
しかも自分のエスキースです。
間違いがないか何度もチェックして大体これでいいかな。
と思えるところまで追い込んだエスキースです。

最初は
パート0:24分、パート1:71分 パート2:70分 パート3:44分
パート4:30分、パート5:44分  合計284分

パート0とパート1を2回新しい紙に作図いました。
パート1まできたらやめてまた最初から。

その後の作図で
パート0から順番に
22分
56分
60分
38分
51分
12分
合計217分

これでまたパート0と1と目標+50分だったのでさらに
練習したら、パート0と1あわせて28分になりました。
このスピードならその後に問題がなければチェックまでして
きちんと終わるスピードになります。
最初はこれ以上どこをつめるんだろうと思うような感じでしたが
エスキースからのトレースならだんだんと自信がついてきました。
このスピードを維持することも必要だとおもうのですが
毎朝小さなトレースをすればスピードは落ちないかもしれません。

やはり作図は繰り返しおんなじエスキースをトレースするのが良いみたいです。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。