建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
できる瞬間
2008年 08月 22日 (金) 21:36 | 編集
皆様おつかれさまです

毎日基準階のいろんなパターンを覚えたり、
3.5mの階段の練習したり、図面トレースしてます

きっとできないことを一つ一つ試験まで
時間を逆算しつつ終わるようにつぶしていく事。
これだけなんだろうなと思いつつやってます・・・・

昨日は150平米もある更衣室を読み落としました

これを防ぐにはある段階で必ずチェックする。

階段を早くきれいに描くには階段だけ何十回も書いてみる。

動線が苦手なら動線図を数十回でも書いて練習すればいい。

基準階のプランに時間かかるなら、いろんな基準階を暗記してしまえばいい。
50mの敷地で
15平米8室 25平米1室 40平米1室 リネン庫と自販機 
階段2つ、EV3つの時の全パータン
覚えきらなくても基準階は得意になるはずです

きっと地味な試験なんです。でもやってもやっても成果が上がっているように
最初は感じにくい試験なんだと思います

でも基本はいつもおんなじでできない事を数えて
一つ一つ対策を考えて時間を切って実行していくこんな試験なんでしょう

大きく変わる瞬間はもう少しのところにあります。

大丈夫。そう信じてがんばります。
皆様も
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。