建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鋼材
2009年 07月 06日 (月) 22:07 | 編集
今までの考え方から鋼材の選び方を考えると次のようになります。

1弾性範囲で設計をするときは強度の余裕のある材を選ぶ。
2弾塑性範囲の範囲で設計する時は降伏比の小さく、伸び能力のある材を選ぶ
3座屈する可能性がないか必ず検証する。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。