建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
構造設計とは・・・
2014年 06月 22日 (日) 01:41 | 編集
今日は耐震診断の報告書のまとめ作業をおこなっていました。
昭和56年以前に建設された物件は現在の耐震設計法になる前の設計法で
設計されているため、現在の建物と同等に近いレベルの耐震性を有するか
耐震診断で確認することができます。

今回は上階の増築が予定されていたものの、結果的に増築されなかった
建物でした。その為、骨組み自体にかなりの余裕があり、2階建ということもあって
十分に判定値を満たす結果となりました。

そういえば、昨年の11月に耐震改修促進に関する法律が改正されています。
その改正によると、ある一定規模の不特定多数の人が利用する建物等は平成27年12月末までに
耐震診断を行って結果を報告することが義務づけられています。
またその結果は、公表されることになっています。
耐震診断を行った結果、耐震性が低い建物は補強工事を行わなければなりませんが
施設の所有者には大きな負担がかかります。
その為、一方では、耐震診断や耐震補強にかかる費用の一部をある一定の条件を
みたせば国と地方公共団体が補助を行うという、対応策もとられています。

今まで使用していた建物が、急に耐震性について指摘されるということは
大変なことではありますが、地震時の安全性を守るためには必要なことだとおもいます。

今日は構造設計一級建築士の古いテキストを7ページよみました。
その中の一文を紹介・・・
「構造設計とは、建築物に求められる安全性、使用性、耐久性、経済性や施工性などをの要求性能
に基き、構造設計者が適切な素材・材料を組み合わせ、想定される荷重・外力に対して安全で合理的な
架構の構成方法を創出し、施工につなげる一連の行為」と記されていました。
合理的な架構を創出できるよう日々つとめてまいります。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。