建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外断熱工法について
2009年 10月 10日 (土) 02:26 | 編集
 外断熱工法は断熱材を外壁の外に貼る工法で
一般的に良くやられている内断熱工法と区別するときに使う言葉です。

 外断熱工法を使用して同時に①24時間換気システムと②断熱性の高いサッシを
取り付けることで高気密建物となり室内環境の真のメリットが得られます。
外断熱工法単体では壁の中に結露を起こしにくいというメリットしかありません。
 
 高気密住宅というと、外の熱が内に伝わりにくいので省エネで、室内温度が安定します。
反面密閉性が高くなるので、換気システムの充実を図らないと一酸化炭素中毒の事故
やホルムアルデヒドなど室内の空気の汚染による事故がおきやすくなる

また鉄筋コンクリートの建物などで
はコンクリートの熱をためる性能が高いので
断熱材の内部で温めにくくさめにくい室内環境になります。
要はさらに、室内の温度が安定する。
室内の温度が安定するということは血管の収縮による健康の悪化などが起こりにくい

鉄骨の建物では
鉄が熱をとてもよく通すので、内断熱を使用するとその部分だけ断熱効果が
得にくい(熱橋、ヒートブリッジという)のですが、これが外断熱では起こりません。

木造の建物では
あまり大きなメリットがない。
木は熱をためる性能がひくく、断熱性能がある程度あるため。



まとめると

外断熱のいい所は
・断熱材の切れ目が出来にくいので断熱性能が上がること
・壁の中に結露がおきにくいことカビが発生しにくい
・壁の中を通気することが出来ること
・温度収縮やカビが発生しにくいので建物の寿命が延びる


良くないところ
・なれた業者が施工しないとうまく出来ないときがある
・工事費がたかくなる。
・開口部の断熱性能を高める必要がある
・バルコニーなどの外部に突出する部分の断熱がしにくい。
・外壁材の張り方に制約があり、壁厚が厚くなる。
・24時間換気が必要になる。

自分としてはどちらの工法でもきちんと施工すれば
きちんとした建物になると思っています。
また高気密の逆である程度自然換気のある家も趣がありよいと思っています。

ようはどっちでもそれぞれメリットがあり一概にどっちがいいということはないです。
鋼材の板厚
2009年 07月 08日 (水) 08:24 | 編集
鋼材の板厚は一般的に

6、9、12、16、19、22、25、28、36、40mm の材料が圧延され一般に使用されています。

圧延とは簡単に言うと並行する二本のローラーの間に鉄を通して引き伸ばすことを言います。
圧縮しながら鉄の塊を引き伸ばす過程で塑性変形を起こさせて
鉄を鍛えるのですが、薄い板だと圧延の効果が板のすみずみにいきわたりやすく
厚い板は圧延の効果が行き渡りにくくなります。
一般には板厚40mmがその境目とされており、材料強度も決められています

板材料の強度を考えるとき、たとえばSS400であれば

40mm以下の材料は基準強度F=235N/mm2
40mmを超える材料の場合は基準強度F=215N/mm2とされています。


鉄骨の詳細を設計するときに、よくサイズアップという言葉を耳にします。
仕口部分など考える際に慣例的に梁のフランジ板厚の2サイズアップを仕口のダイヤプレートに
使用して設計するなど、すこし余裕をとって厚めの板を使用したいときに使う言葉ですが、
この1サイズアップするとき、
厚み12mmのプレートから16mmのプレートへワンサイズ上げるのと
25mmから28mmへワンサイズ上げるのでは
16/12 と 28/25 で余裕度が違ってきますので注意が必要です

鋼材を選ぶときの注意点
2009年 07月 06日 (月) 22:13 | 編集
どんな場合でも、高強度の材を選ぶとよさそうですが高強度の材を選ぶときの
注意することが二つあります。

① コストの問題として高強度の材料は高価なことが多いですが、
その材料を使用することに対するメリットがどのくらいあるのかを把握しておくこと。
つまり、施工価格と材料価格を加えた工事価格が材料の強度と比例関係にあるのか
確認しておくことが大切です。

②また、高強度の材は伸び能力が低い恐れがあります。その場合、
高強度の材を使用して弾性範囲では、強度が高く都合がいいのですが、
塑性化するとあまりエネルギーを吸収することなく破断してしまい、
建物全体としてはマイナスになっていまうこともあります。
伸び能力はよく確認して使う必要があります。


鋼材
2009年 07月 06日 (月) 22:07 | 編集
今までの考え方から鋼材の選び方を考えると次のようになります。

1弾性範囲で設計をするときは強度の余裕のある材を選ぶ。
2弾塑性範囲の範囲で設計する時は降伏比の小さく、伸び能力のある材を選ぶ
3座屈する可能性がないか必ず検証する。

無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法
2009年 05月 04日 (月) 02:22 | 編集


またまたお勧めの本のご紹介です。
著者の勝間和代さんが勉強をはじめてから収入が
10倍になった勉強法について、語っている本です。

本書は大きく基本編と実践編に分けられ
基本編では
①なぜ勉強するといいのか
②どうしたら続けられるのか
③どんな道具をそろえるべきか
④勉強の基本的なコツ
⑤目でする勉強
⑥耳でする勉強
⑦目と耳でする勉強

などがわかりやすく説明してあります。

一番気に入った部分は
勉強が続く仕組みをつくるというところです
そのなかに書いてありますが、
アウトプットとインプットを半々に行うことが大切です。というところと

記憶の定着から使える知識に落とすことが大切で
プラスして成果を数量化して目に見える形にする
事で勉強の続く仕組みを作り上げなおかつ
使える知識として結果が出るようになるという部分です、
要領のいい勉強ってこうなのか!と目からうろこでした
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。