建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラス思考
2008年 06月 25日 (水) 02:01 | 編集
勉強をするとき僕は
なんだか音楽が聞きたくなることがあります。

それでラジオをつけると面白くて聞き入ってしまいます

テレビなんてもってのほか。

試験のプレッシャーでつぶれそうにもなっていて
ちょうどこんなCDを見つけました

プラス思考ジャケット


サブリミナル効果を使っているらしいです。
聞いている本人にはとても静かな穏やかな音楽にしか聞こえません。

曲名


プラス思考にふさわしく適切な言葉を一分間に20万回も繰り返し挿入しているらしいです。
仕事のときや勉強のときに聞いてくださいと書いてある部分

サブリミナル効果


本当に効果があるのかは定かではないですが
そういう気持ちを持つだけで合格する気がでてきます。

ついでにやる気のでる言葉をランダムに表示するホームページをみつけました。

こちらへ

建築士になったイメージ
2008年 06月 13日 (金) 07:54 | 編集
目標達成には既にその目標が達成されたつもりで
イメージをもって努力するのがいいです

どうやってなればいいのかわからなくても
すでにそうなることはきまっている。
そういう確信を持つことがたいせつです。
そうして、それが達成したときのイメージ、
それがたとえば人に名刺をだしている場面だったり
資格をとって、ご褒美に自分のうちを建てようと決めている場合の
家を建てている場面だったり。

壁に貼ってみるのもいいかもしれません。

「今年一級建築士になる」
ketuibun.jpg


作ってしまいました。トイレにはってますが、
トイレに行くたびにどうにかしなければと思います
まず思うことが大切だと思う。


あるいは人に話すのもいいかもしれません。
私は今年建築士になるから!

自分で決め付けた瞬間からバックグラウンドで潜在意識の見えざる力が回転し始めます。

今から信じましょう。自分は今年建築士になる。

学科試験 合格のイメージ
2008年 05月 12日 (月) 01:26 | 編集
最近読んでいる本で、成功するには成功のイメージを鮮明に頭の中で
まず描かなければならないという表現がありました。
これについてなかなか何もないとおろから描けるないかもしれないけれど
こんなものかなというところで書いてみました。

大体例年7割前後の得点で合格してます

過去の受験者数と合格者数 ボーダーライン
15年 51,283人 7,430人 14.5% 各13点 67点
16年 47,305人 11,904人 25.2% 法規14点、他13点 71点
17年 41,907人 10,464人 25.0% 計画・構造14点、法規13点、施工12点 67点
18年 40,950人 4,099人 10.0% 計画・法規・施工12点、構造13点 63点
19年 43,566人 4,936人 11.3% 計画12点、法規・構造13点、施工11点 63点

そこでこの数字から想定できる合格のイメージなのですが
まず5枝択一方式という事実から
適当に回答した問題の中から平均して20%は正解する仕組みです
だから、普通に考えると18問完全に正解しないといけないですが

たとえば13問確実に正解するところまでマークすると残り
12問の中で後二つまで絞り込んだけどどちらかがわからない
こういう状態の問題やまったくの適当マーキングすべてあわせて
18問にいたればいいわけですよね
そしてどれかひとつでもボーダーの13点前後を下回るといけないわけだから
確実に正解したと試験中に判断できる問題を
各教科13問作ればあとはのこり絞込みの確率で合格できるわけです。

僕が昨年受けたときも確実に正解だと思える問題を13問
とりあえずすべての教科で早い段階でマークしました。
そこから残りの時間すべてをかけて絞込みを行い
合格点のぎりぎりボーダー+2点くらいで滑り込んだ形でした。

こういうパターンの合格がまずひとつあります。
この状況に持ち込めれば、かなりの確率で合格できると思います。

2教科まとめて3時間ずつの試験になるので
2時間程度で2教科共に13問の完全正解問題をつくる。
計画と構造や法規などは時間のかかる問題と即答できる問題に分かれています。
そこで、時間のかかる問題は雲マークでもつけて適当にマーキングして
飛ばします。
そして即答できる問題とちょっと考えれば解ける問題の中から
13問正解をつくります。
そしてあとの一時間使って法令集を引きまくったり
斜線制限を正確に計算したり、構造の問題を解いたりします。

この状況を作るためにやること

法規→頻出問題は引かなくても解けるようにする
つまり問題集ではなくテキストや法令解説書のダイジェストの部分を
暗記します。これは全部手書きでノートに写して赤フィルムをかけると
消えてしまう緑のペンなどで自分問題集をつくり、ひたすら暗記する
この状況であとは法令集を引く練習をする
できるだけ少なくまとめているものがいいです
あまり多いと覚えられません。
僕は法令集の各章を5から6ページ位にまとめているものを使いました

計画→とにかく過去問を何回も解きながら解説まで
問題を見ただけで思い出してしまう状況をつくる。

構造→覚えていれば解けるものがたくさんあるので暗記する


このようなものが昨年の私の学科合格のイメージになりました。
このイメージを何度ももちながら自分をこの状況に近づけていきました。

行き帰りの通勤バスや仕事の昼休みと帰宅後の1.5時間
必死に暗記を行い、同時に過去問を3回ときました
最初は解説を間違ったところだけみていましたが
同じ問題を何度も間違えるので二回目からは間違えた問題は
すべて解説を赤でノートに写して暇なときに読みました。
毎日解くより写すのにものすごい時間かかりました

3回目は問題を見るとすべて解説が頭に浮かぶので
うその実力かほんとの実力かわからなくなり怖くなりました
別なオリジナルの問題集を直前まで解きました。

必要なのは

正答13問×2教科を二時間でマークするための暗記+解くスピード
最後の粘りのときに限りなく正解に近い二択に絞り込む知識と勘です
tyek001.jpg


feature1-2s.jpg
自己暗示
2008年 05月 02日 (金) 00:19 | 編集
私はなりたいものになれる。
僕は来年一級建築士になる

これを何度も繰り返して唱える。
その時に私の存在を強く心にきざみながら。

これを頭の中で何度も何度も朝から晩まで唱えていると
やがて潜在意識がそれを習慣にします。

潜在意識は、いわれたものをそのまま鵜呑みにして実現に向けて
バックグラウンドで動き出します。

実現のイメージ
2008年 04月 30日 (水) 13:55 | 編集
「合格するから来年1月に○○する。」この事を、
朝から晩まで考えながら
毎日学科の勉強やエスキース練習し生活していると、
試験時間終了時の自分の解答用紙やその後の○○している私
などがぼんやりと見える(想像ですが)ようになって
それが、続けているともっとはっきり想像できるようになって
そうするとその状況を作るには、何をどの時点で
どのようにすればよいのかが細かくわかってくる。
そういうことを考えています。

見えるについて書くと

きっと誰でも少しづつ見えるように
なるのだと思います。

学科の試験の解く順番
例えば、エスキースステップが時間内に
バチッとまとまるイメージをみていると、
そのイメージと現在の自分のイメージが異なっている
部分に気がついてきて、プランニングに時間かかっているから
そこが15分でまとまるように管理部門やエントランス
吹き抜け回りなどパーツ集を練習する
他にもいろいろ改善していくと最終的に
イメージしていた同じエスキースが試験日に
できるようになっている。


ともにがんばりましょう。
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。