建物の安全で合理的な骨組みを考え、提案したり、調べたりするお仕事をしています。一般の方々には、あまりなじみのないお仕事ですが、少しでも何かをお伝えできたら幸いです。
構造設計者の日常
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
できる瞬間
2008年 08月 22日 (金) 21:36 | 編集
皆様おつかれさまです

毎日基準階のいろんなパターンを覚えたり、
3.5mの階段の練習したり、図面トレースしてます

きっとできないことを一つ一つ試験まで
時間を逆算しつつ終わるようにつぶしていく事。
これだけなんだろうなと思いつつやってます・・・・

昨日は150平米もある更衣室を読み落としました

これを防ぐにはある段階で必ずチェックする。

階段を早くきれいに描くには階段だけ何十回も書いてみる。

動線が苦手なら動線図を数十回でも書いて練習すればいい。

基準階のプランに時間かかるなら、いろんな基準階を暗記してしまえばいい。
50mの敷地で
15平米8室 25平米1室 40平米1室 リネン庫と自販機 
階段2つ、EV3つの時の全パータン
覚えきらなくても基準階は得意になるはずです

きっと地味な試験なんです。でもやってもやっても成果が上がっているように
最初は感じにくい試験なんだと思います

でも基本はいつもおんなじでできない事を数えて
一つ一つ対策を考えて時間を切って実行していくこんな試験なんでしょう

大きく変わる瞬間はもう少しのところにあります。

大丈夫。そう信じてがんばります。
皆様も
個別空調方式(ビルマルチ方式)
2008年 08月 04日 (月) 00:51 | 編集
別名「小型空気熱源ヒートポンプパッケージ方式」
これは使えそうな空調方式なので探してみました。
個別制御可能な空調システム。
最近の主流です

室内ユニット(天井つり方)
このほかに天井埋め込み型や床置き型などがあります。
ビルマルチ方式室内ユニット


室内機からでている配管
壁をつたい廊下で天井裏に入ります。
冷媒管と排水管がはいっているのを以前見たことがあります。
室内配管(冷媒と排水管)

室外機
屋上などにつけてあります。意外と小さいですね。
室外機のサイズは奥行きは0.5mくらいかな?
高さは1.5mくらいありそう・・・幅1.3mくらいかな・・・

ビルマルチ室外機

配管はこうやって室内に入ります
屋外配管
風除室について
2008年 08月 04日 (月) 00:44 | 編集
風除室
この風除室は奥行き3mくらい?(風を除くためには3mくらい必要?)
幅4mくらいでしょうか?
残りのスパンは(右側)テナントが入っています。ガラス張りです。


風除室奥行
側面の壁が見えるようにとってみました。石張り、フラットな仕上げ
ドアは内外側共に外開きドアになっています。
このビルはオフィスビルですが、普段はいつも内側扉だけを開けっ放しで使っています
それでは意味ないような気もしますが。
ホテル見学
2008年 08月 04日 (月) 00:39 | 編集
このホテルはグランドホテルなので
ビジネスホテルとはすこしちがうかもしれませんが
最近のビジネスホテルの傾向は、単にビジネスユースのみに
とどまらないさまざまな機能の複合化があるような気がします。
私が勝手に思っているだけかもですが。
フィットネスと複合すること自体すでに単なるビジネスホテル
を超えている気がしますがちがうでしょうか?
おそらく最近の傾向ではないかと・・・・

建築士製図課題の出題傾向はよくわかりませんが、
こちらのホテルはレストランや結婚式場や大会議室などが1から2階
3階から上が宿泊室(基準階)のホテルになります。
最上階には結婚式で使えるレストラン(ガラス張り)があります
3階の部分には屋根になる部分にチャペルがのってるみたいです。
南側だったと思います

メインアプローチ側の立面 
北面だと思います
基準階がコの字がたなのもわかります。
前面道路に面して車止めがあります
メイン道路側立面


駅からはさほど離れていません
立地条件

1階平面図(案内板)
フロントやブライダルサロンの上に基準階がのっています
1階平面西鉄GH

2階平面図(案内板)
2階平面西鉄GH


基準階平面図(宿泊室を含む案内図)
両サイドに避難階段、真ん中にメインコアとEVが3つあります
宿泊室は19室くらいありそうです。無窓の部屋はリネンなどが入っていると思われます。
基準階西鉄GH
フィットネスクラブとビジネスホテルのある複合施設の見学
2008年 07月 27日 (日) 23:50 | 編集
「ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設 」という課題の発表を受けて、
福岡の天神にあるホテルとフィットネスクラブが入った複合施設を探していて見つけました。

このビルは天神の警固公園の隣にあります。

大きく分けると以下の4つの機能が複合しています

ソラリアホテル 
ソラリアスポーツ(フィットネスクラブプール付) 
ソラリアプラザ(真ん中に大きな吹き抜けのあるショッピングモール) 
ソラリアシネマ(映画館)

がそのほかに、
ティファニーの店舗や レストラン
FMラジオスタジオ 
があり

中層部と1階で隣にある駅とバスターミナルとデパートの複合ビルとつながっています。
また地下では天神地下街という地下街と連絡通路でつながっています。

この複合の仕方はすこし課題のテーマとかけ離れています
またビジネスホテルなのかシティーホテルなのかはっきりしませんが
どちらかというとシティーホテルのほうなのかなぁ・・・と悩みます。
複合の仕方は1階では連絡しているもののそれ以上の階では非常通路のみ
で連絡しているようです。経営母体は西鉄だと思います。
大きな交通会社でどちらも元は一緒なのだとお思います。


1階平面図
(すいません恐ろしく適当です。測ったりできなかったので
頭に残ったイメージで帰ってきて適当に書きました。)
ソラリア1F平面


フィットネスクラブの平面図
中央部現在地と書いてある部分にエレベータホールとフロントがあります
さすがに写真は取れませんでしたが中は一通りお金を払って見学してきました。
フロントで初めてのお客様はお申し込みをされてお金を払った後
左下のほうにあるメンバーロッカー室に案内されます。
ここでプールで泳ぎたい方はロッカー室の中をおくまで進み
化粧室、サウナ、シャワー室、トイレ、それぞれの部屋を使用して
プールの右下のほうからプール室に入室します。
プールは25mと
歩行者用プール
ジャグジー(つかるだけのプール)と
ダイビングの練習用に深さ3mくらいありそうなプールがありました。
泳ぎ終わればさっきとは逆に動線をたどりフロントでカードを返してEVから帰ります

フィットネスジムやスタジオを使いたいときは更衣室入り口から着替えて出て行き
諸室を利用します。
スタジオアネックスは別なビルに設けられたスタジオで空中通路で連絡していて
一体的に利用しています。
おそらくフロントの裏に管理事務室があるのではないでしょうか。
あとは左下の角にホテル部門のコアと一部が入っているように思います。
そのほかの階段は周囲がどうなっているのかよくわかりません。

あと上のほうにもう一そろいの更衣室関係が見えます。
これは特別な団体が一般とは別に使用しているみたいでした。
教職員関係のようでしたがよくわかりませんでした。
スタジオ1などは無窓の居室のようにみえます。試験では使わないほうがいいとおもます。
それとも用途上許されるのでしょうか・・・
サービス動線は考えてもどうしても一般利用動線とは交差するように思います。
フィットネスだとあまり大きなサービス動線は必要ないということかもしれませんね。


フィットネス平面


断面の複合イメージ(案内板からトレース)
ソラリア断面構成


メインの大通りに面する北面アプローチ
北面アプローチ


公園側である南側のアプローチ
南アプローチ

公園側である南側のファサード
宿泊室は南側公園の方に向けられている。
この公園は冬にはイルミネーションのお祭りがあり普段は腰掛けてくつろぐ人が夜遅くまでいます。
一階にあるFMラジオのスタジオからの放送が聞こえるように流されていて
それを聞いている人もたくさんいます。
有名アーティストがくると人だかりになります。
南面ファサード


地下駐車場への入り口
サービス搬入もこちらから行われると思われる。
パーキング入り口


公園と建物の間にある遊歩道の入り口。
駅ビルまで続く。
遊歩道入り口

低層部分外観
一般低層部

高層部分外観
宿泊室高層部


ホテルのメインアプローチ
ホテルアプローチ


プラザ案内板1
プラザ案内板


プラザ案内板2
プラザ案内板2


断面を切った案内図1
駅とバスターミナルのあるビルに中層階で連絡している
断面イメージ


断面を切った案内図2
断面イメージ2


上空から見ると東側のビルと引っ付いているのがよくわかる
公園側の様子もよく見えます。
南側上空より


ソラリアプラザの吹き抜けの下にある広場。
年中ここではイベントがあっています
ゼファー広場


トップライトをエレベータから撮った写真。
吹き抜けの上部にトップライトがあります
EVから見たトップライト
copyright (C) 構造設計者の日常 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。